求人票に掲載されていない内部情報の提供

求人を自分で見つけることができても、本当にこの条件で働けるの?やけにお給料が高いけど・・・。と求人票に書かれている条件が本当だとは、限りません。ある程度自分で交渉したり、求人先を直接見に行ったりしないと、どんな職場がわからないまま面接を受けて、入職することになります。しかし、これでは働いてからわかることも多くあり、転職したけど、続かなかった・・・。という事態になってしまいます。

転職支援サービスは求人票に掲載されていない情報を提供

保健師さんが転職活動するときに本当に知りたいのは、働いてから続くかどうか、どんな職場なのか、人間関係が良いか悪いか、離職率が高いか・・・。など、実際に働いてみないとわからない情報を面接に行く前に知ることができたら、自分が希望している職場を見つけることができるでしょう。勤めてからでは遅く、失敗した転職活動をしないためにも、面接前に前もって転職先の情報がわかれば、間違った求人の選び方をせずにすみます。転職支援サービスは地域に特化して、各地域の保健師さんの転職活動をサポートしているので、求人票に書かれていない情報を提供してくれます。求人票にかかれている給料が高い理由は、離職率の高い病院だった、など、実際に働いてみないとわからない情報を収集した上で転職先を決め、面接にいきましょう。

マッチング率の高い転職支援サービスを利用しよう

当サイトで紹介している転職支援サービスは、求人と保健師さんのマッチング率の高い転職支援サービスのみを掲載しています。そのため、転職支援サービスを利用したほとんどの方が、満足のいく転職活動を行っています。マッチング率が高いということは、コンサルタントがしっかりと求人が求めている人材を把握していること、保健師さんが転職する理由や、希望する条件を的確に受け止めているため、それぞれの保健師さんは自分にあった求人を紹介してもらえるということです。
保健師さんが本当に知りたい情報は職場の内部の情報