産業保健師とは何なのか

もしかしたら今まであまり耳馴染みがないという人もいるかもしれませんが、保健師の仕事を細分化した場合に、産業保健師という立場があるのです。これは企業に属する保健師のことであって、会社の社員の健康を守るために存在している保健師のことなのです。そして、企業といえば、京都には数多く存在しているのは誰でもわかるとおもいます。つまりは京都においては保健師が努められる場所がそれだけたくさんあるということになるのです。

産業保健師は社員のために存在

保健師というと不特定多数の人を相手にして、その人々の健康を守るために存在しているというイメージが強いかもしれませんが、実際にはそういうケースばかりではないのです。産業保健師という形で企業に属している社員のみなさんだけを相手にして、その人々の健康を守るという、いわざ限られた保健師というものも存在しているのです。これだけ限定されていることによって、保健師の負担としてはかなり軽減されると思いますのでオススメです。

無理な仕事内容にはならない

誰でもそうですが、家庭においては傍若無人な態度にでている人であっても会社という場所では静かになるものです。そのため、職場で保健師さんと向き合ったとしても、そこで失礼な態度にでるようなことはありません。つまりは産業保健師という立場では、かなり気軽な仕事が期待できるということになるわけです。不特定多数を相手する場合にはそういうわけにはいかないものなのですが、産業保健師ということであればそれが可能になるのです。
保健師求人 京都