小中学校こそ求められる職業

保健師の仕事とは病などを治療するということではなく、そのような病などにならないために予防をおこなうというものです。そのために、小中学校こそが保健師が必要な現場ということになり、実際に京都の多くの小中学校で保健師が働いています。もちろん、その中には保健師が確保できておらず、今現在も募集をおこなっているという学校も多数ありますので、京都において保健師の仕事先を探すのであれば、ぜひとも候補にしてみてください。

子供だからこそ予防が重要

ある程度の年齢になれば、予防という意味合いでは自己判断でおこなってもらうことができます。しかしながら、小中学校の特に小学校ということになれば、そこに通っているのはまだまだ子供が多いですから、予防のための指導などもかなり重要になってきます。まだまだ人から言われないと様々な予防対策ができない子ばかりですから、このような場所こそ保健師さんが活躍できる場所であり、活躍しなければならない場所ということになるのです。

子供たちと向き合うには覚悟も

小中学校で保健師をおこなうとなれば、当然と言えば当然なのですが、ある程度の覚悟だけは持っておかなければなりません。なぜなら、保健師として向き合うことになるのが子供になるからです。仮に今まで大人のための保健師という形での仕事をしていた人であれば、最初は戸惑うこともあるかもしれません。しかしながら、このようなことも慣れてくれば大きな負担になるようなものではありませんので、あくまでも覚悟だけで大丈夫と言えます。
保健師求人 京都